月間カレンダー(ホルモンと肌)

女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)があります。
卵胞ホルモンの分泌量は、月経の終わり〜排卵まで(卵胞期)盛んになります。
卵胞ホルモンには、血行促進やシワ・肌質改善の効果が見られるため、肌トラブルは起きにくい時期と言えます。しかし、40代半ば頃から分泌量が低下してくると、シワが目立ち、ハリも低下してきます。
排卵が終わり、卵胞ホルモンの分泌が減少すると、次の月経まで(黄体期)黄体ホルモンの量が増加します。黄体ホルモンは、ターンオーバーに影響を与え、皮脂の分泌を増加させます。
そのため、この時期は肌が敏感になり、ニキビやふきでものなど、様々な肌トラブルが起こりやすくなります。
また、黄体ホルモンは腸の運動を低下(鈍らせる)させるため、便秘になりやすく、毒素が体の中にたまりむくみやすく肌代謝も悪くなることからも、肌あれの原因となります。
つまり、黄体期は、肌が刺激に弱くなる時期であるため、この時期に過剰なスキンケアや基礎化粧品の変更は避けた方が無難と言えるでしょう。
皮脂が増える黄体期は、過剰な脂分の摂取は避けるべきです。しかし、20代以降のターンオーバーが低下している肌から皮脂を取り過ぎると、バリア機能が低下。肌が刺激に弱くなったり、紫外線の影響を強く受けやすく、シミやシワを進行させる要因となります。この時期には、肌のターンオーバーを正常化させて、保湿力がある肌に整えてあげることが美肌維持にとって重要なポイントです。

黄体期の肌トラブル

黄体期の肌トラブルを乗り越える

黄体期に入る前に、肌を整えておくことをおすすめします。
当院では、コラーゲン生成を促す美肌マシンで肌の弾力を保ち、肌トラブルを起こしにくい肌へと導きます。
イントラセルフォトRF+ポラリスタイタンフォトRF/オーロラ
その他、メディカルコスメで、肌のターンオーバーを整え、肌トラブルの改善・予防も効果的です。
N‐トレチノイン

  • お肌の生まれ変わりのカレンダー
  • 月間カレンダー(ホルモンと肌)
  • 年間のお手入れカレンダー
  • 年代別のお悩みカレンダー
カレンダーTOPへ戻る

スキンケアに関するお悩み、お気軽にご相談ください

無料メール相談 医師が24時間以内に回答します
無料カウンセリング予約 医師の診察をご希望の方

全国共通フリーコール  ※受付カウンセラー直通

  • 0120-917-594 【受付時間】9:30〜20:00
  • 0120-773-566 【受付時間】20:00〜23:00

第9話「しみ・そばかす撃退!」

お悩み・症状別で探す

治療方法

お役立ち情報

  • 聖心美容クリニックオフィシャルサイト
  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約
全国共通フリーコール
受付カウンセラー直通 0120-917-594 【受付時間】9:30〜20:00
夜間は新規ご予約のみとなります 0120-773-566 【受付時間】20:00〜23:00 夜間予約 新規限定
.