Q&A検索詳細

茶色(濃いめ)の痣について

フェイスライン下の首の部分(右側)顎と耳の間に10円玉くらいの茶色(濃いめ)の痣が生れつきあります。昔はレーザーで色を薄くしていくがレーザーを何年後かにまたやらないと色が戻ってくる、特に茶色の痣は取れにくい。と聞きました。出来るだけ切開は避けたいのですが最近では皮膚移植のようなやり方があると聞きました。
どんなやり方が効果的なのか負担が少ないのか、詳しく教えて頂けたら幸いです。
ドクターからの回答
 鎌倉 達郎 医師
首の痣でお悩みですね。
実際に拝見していませんので、一般的なこととしてお話させて頂きます。

茶色の痣ということは、扁平母斑や色素性母斑が考えられると思います。扁平母斑であればレーザー治療により改善が見込まれます。ただし、約半分ぐらいは再発してきます。

色素性母斑の場合はレーザー治療は難しい場合が多く、基本的には切除手術になります。縫い閉じれる大きさであれば縫い閉じて線の傷にします。縫い閉じれない時は皮膚移植をします。移植した皮膚は周りの皮膚と色調や質感が違いますので、結構目立ちますね。場合によっては痣よりも目立つ場合がありますのであまりお勧めではありませんね。

扁平母斑であれば、再発のリスクを差し引いてもレーザー治療がお勧めです(傷跡が残りませんから)。もし、切除をお考えでしたら、10円玉ぐらいの大きさでしたら縫い閉じ可能と思います。その場合は紡錘形に切り取りますので、傷の長さは5〜6センチぐらいになりますね。
※このQ&Aデータベースは、実際にあった患者様からの質問をデータベース化したものであるため、費用等の情報に一部古いものも含まれます。最新の情報については、実際にクリニックへお問い合わせ下さい。

検索結果一覧に戻る

Q&Aとあわせてチェックしておきたい
  • 症例写真検索はコチラ
  • 診療内容はコチラ

スキンケアに関するお悩み、お気軽にご相談ください

無料メール相談 医師が24時間以内に回答します
無料カウンセリング予約 医師の診察をご希望の方

全国共通フリーコール  ※受付カウンセラー直通

  • 0120-917-594 【受付時間】9:30〜20:00
  • 0120-773-566 【受付時間】20:00〜23:00

第9話「しみ・そばかす撃退!」

お悩み・症状別で探す

治療方法

お役立ち情報

  • 聖心美容クリニックオフィシャルサイト
  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約
全国共通フリーコール
受付カウンセラー直通 0120-917-594 【受付時間】9:30〜20:00
夜間は新規ご予約のみとなります 0120-773-566 【受付時間】20:00〜23:00 夜間予約 新規限定
.